これで安心!賃貸保証会社で賃貸管理を始めよう|Built Houses

滞納が不安

賃貸管理をする際に気になるのが家賃の滞納ですよね。家賃の滞納に不安があるなら賃貸保証会社に依頼すると安心です。手数料はかかりますがその分で安心を買えるのは魅力的ですよね。賃貸保証会社を利用するメリットについて紹介しています。

賃貸保証会社利用したい人のQ&A

連帯保証人と何が違うの?

手数料を払うことで第三社者が連帯保証人となることが出来ます。身寄りの無い人や一人暮らしの世帯が増加したことでニーズが高まっています。

保証料はどのくらい?

保証会社によって違いがあり、家賃の半月分や30%など割合で費用がかかる場合と固定で3万など費用がかかる場合があります。

現在入居中の場合はどうするの?

現在入居中でも賃貸保証会社に加入することは出来ますが、審査があります。

気軽に貸せる

空き部屋

賃貸物件を貸すときにはお互いが納得できる形で契約できたほうが良いですね。賃貸保証会社は賃貸管理の際に家賃の保証をしてくれる会社です。この会社に任せておけば、連帯保証人がいなくても家賃不払いのときでも回収ができるようになります。

滞納されても安心

空き部屋

貸主の側からすれば、最も恐れることは家賃を滞納されてしまうことです。そのため貸主は誰だか分からない他人に自分の物件を貸すことはリスクのあることになります。ですので、できるだけ、信頼の置ける相手に貸したいと考えます。一昔前は連帯保証人が信頼の証でしたが、最近は賃貸保証会社を使っています。ここは家賃が滞ったときに、代わりに家賃を負担してくれるので、賃貸管理が簡単になるため、貸主にとって助かる制度です。そのため今では広く普及しています。

連帯保証人が不要

連帯保証人が必要な制度は、頼む側からしても、人間関係の煩わしさから大変かもしれません。しかし貸す側からしても大変な制度です。家賃が滞納したときはこの連帯保証人にお金を出してもらわなければならないのですが、そもそも、その保証人もお金をきちんと払ってくれるかどうか分かりません。そのため、回収はとても大変な作業になります。ですが賃貸保証会社ならば比較的簡単に回収することが出来るので、賃貸管理がはるかに簡単になります。

生産性が上がる

いくつもの家賃滞納があった場合は回収にとても時間がかかってしまいます。一人ずつ調べて自分で回収していては、時間がいくらあっても足りません。しかし賃貸保証会社と契約していれば、そうした手間が一気に省けます。今までと違い、一社と交渉していくだけで滞納された家賃を回収することが出来ます。これならば、賃貸管理の生産性が大幅に上がりますので、いままでよりも、ずっと効率的に資金回収が出来る様になりますのでありがたいです。

広告募集中